/ Articles / Concert Review

せっかくのコンサートだというのに、何だか朝から天気が悪い。Johnnyは体調を崩したというし、これじゃますます悪くなってしまうのでは?と心配・・・。

この日のコンサート前に、GOOneeS オフ会を開催。これまでもオフ会は何度かやっているけど、コンサート当日のオフ会ははじめて。おかげでこれまでで一番たくさん人が集まってくれました。オ フ会の場所は、ミコがネットで探して決めたところなので、実は行ったことがない。しかも、思ったところと違う場所だったので、案内のお姉さんに、場所を聞 きながら行きました(企画した本人なのに・・・)。来られた皆さんも、さぞ分かりにくかったかと思います。すいませんねえ。オフ会には結局、女性6名・男 性5名の11名参加でした。名古屋・大阪のコンサートに行った方のお話を聞いたりできて、とても楽しかった!あまりお話できなかった方もいましたが、ファ ン同士交流する場を持つことが出来て、やってよかったと思います。

4時20分ごろ、会場前に移動。ドキドキしながら、自 分の番号が呼ばれるのを待つ。なんと今回、プロモーターで整理番号を三重に発券したとのこと。前のほうの人だけのようでしたが、ひとつの番号に3人の人が いました。クリエイティブマンはこれが普通なのかと一瞬思ったけど、やっぱ違うよねえ・・・?

ミコの整理番号は149番。150番のえぬりんさんと一緒に会場の中へ。入ってすぐのところにグッズ売り場があったので、早速プログラムとTシャツを購入。後から聞いたところによると、プログラムは整理番号300番台の人が入ったあたりで完売していたとのこと。買えた人はラッキー!

えぬりんさんと、ステージに向かってやや左側の、前から6人目あたりで開演を待つことに。周りを見ると、思っていた以上に男性が多い。ミコのHPに来てくれる人は女性が多いようだし、前回の渋谷公会堂のコンサートの時も、女性客が多かったような気がしたので、これは意外でした。年齢層は、下は小学生からと、結構幅広い!

6時10分過ぎ、客電落ち。客がいっせいに前に詰め掛 けたので、ミコも負けじと前のほうへ!映画音楽のようなSEのあと、Nakedでコンサートスタート!体調を崩したというJohnny、何だか声を出しに くそう。Slideあたりまでは、フェイクが多いかなという気がした。顔色も悪いみたい。そんなことがありながらも、元気いっぱいに歌うJohnny。プ ロです!Big Machineは思いのほか客の反応がよく、ニューアルバムがかなり浸透してるんだなあと実感。

Nameの前に、Johnnyがはじめてラジオでこの 曲を聞いたときのことを話してくれた。スーパーでカートを押して買い物してる時に聞いたそう。今回のコンサートでは、たくさんおしゃべりしてくれた Johnny。渋谷公会堂のときは、全くといっていいほどMCがなかったのはなぜ・・・?ああ、自分がもっと英語が分かればいいのになあ、と、誰かのコン サートに行くたびにいつも思う(反省)。

だんだんと声の調子がよくなってきたJohnny。さすが、尻に注射打っただけのことはあるわね!(本人談)と思ったら、What Do You Needのあたりで歌ってて咳き込んでしまった。見ててつらくなってしまう・・・。がんばって、Johnny!

セットリストは、名古屋・大阪と同じだったそうで、東京もそのつもりでいたのですが、なんとアンコールでJust The Way You Areが!イントロを聞いた瞬間「うわー!・・・って、聴いたことあるけどこれなんだっけー!?」サビの部分にくるまで、タイトルが分からなかっ た・・・。American Girlがなかったのがとても残念だけど、かなりレア?のJust The Way You Areやってくれたから満足!

コンサート終了後、スタッフがステッカーやらピックやら、節分の豆まき状態で撒くわ、撒くわ。でもミコはひとつも拾えなかった・・・。自分の鈍さを呪うわ・・・。

会場の外で、オフ会メンバー&掲示板に来てくださる皆様と合流。一緒に出待ちへ。ミコ、人生初の出待ちです!裏口に行くと、そこはステージの真裏。セットの撤去作業中でした。出待ちの人、30人くらいはいたでしょうか。と、そこを、ミート&グリートに当選したと思しき一団が通過!えりんさんが掲示板で、ミート&グリートに当たったと言っていたことを思い出し、「えりんさ~ん!」と叫んでみたり。う~ん、うらやましい。

か~なり待って、なんとなく回りがざわざわし始めた。関係者が出てきて、出待ち軍団を整理し始める。そこで、出口付近を見ると、見覚えのある赤いバンダナ頭が! 「Johnnyだあああ~~~~!!」しかし無常にも、その場から立ち退き命令が出てしまった・・・。ドアの見える位置からかなり離れたところで待ってい ると、Robbyの奥さまが、GUTTERFLOWERのステッカーを、「みなさんでどうぞ」と持ってきてくれました。その場のみんなと山分け!メンバー は見れなかったけど、ステッカーのおかげで少し慰められました。どうもありがとうございます!そして彼らは、バンに乗って去っていったのでした・・・。

このまま帰ろうかと思ったけど、せっかく会ったGoosファンの仲間たち!女性ばかり11人で、ちょっとした打ち上げ!コンサート後で皆さまテンション高く、とても楽しい集まりになったのでした。

コンサートでは感激のあまり泣いちゃうかも~なんて思ってたけどちっともそんなことはなく、むしろうれしさのほうが勝ってて、顔がにやけっぱなし!今ではすっかり燃え尽き症候群のミコでした・・・。

1. Naked
2. Long Way Down
3. Slide
4. Big Machine
5. You Never Know
6. Dizzy
7. Here Is Gone
8. Smash
9. Black Baloon
10. Think About Me
11. Truth is A Whisper
12. Name
13. Lucky Star
14. Tucked Away
15. Broadway
16. What Do You Need
17. Sympathy
18. Iris

アンコール
19. Just The Way You Are
20. What A Scen
Previous article
Goo Goo Dolls' Gutterflower Nearly Ready To Bloom
Next article
Gutterflower review